World that World Traveling Udon Maker wants to see 世界を旅するうどん屋が見たい世界  

【World traveling Japanese handmade udon chef visits your kitchen. 世界を旅する本格手打ち讃岐うどん屋が、あなたのキッチンへ】 Bookings available from all over the world 世界中どこからでも予約お待ちしてます

(Udon challenge 47/1200)There are people who can naturally give hands to others 当然のことのように他者に手を差し伸べられる人が世界中にいる

f:id:zettodayo:20190219164732j:plain

f:id:zettodayo:20190219164739j:plain

f:id:zettodayo:20190219164747j:plain

f:id:zettodayo:20190219164753j:plain

f:id:zettodayo:20190219164759j:plain

#tanimuraudonworkshop #bangkok #thailand

The very last workshop in Bangkok. Such a pleasure to be invited to many places in such country with a plenty of Japanese restaurants and amazing foods…khob khun krab!

One day in Bangkok, World traveling udon maker was hopeless without kitchen, even without an accommodation…. Obviously, no kitchen, no udon! But suddenly I received a Facebook message from a lady who haven’t met before, and said there is a room with kitchen that i can use in Bangkok. One day in Myanmar, I was drinking with few people who became good friends, and they asked me “where are you staying tonight?”. I said “ I haven’t decided” as usual… “Why not stay at my place?” one asked me, and eventually I slept in comfortable bed with nice mosquito net for the first time with Burmese family. One day in Nepal, I was in rush to head to the venue for my udon event, but most taxis refused because I guess I could only speak English…? But one guy on motorcycle talked to me, and took me to my destination. He said I don’t need money. I gave him Japanese candy instead. This world is filled with beautiful people.

 

バンコク最後のワークショップである。こんなに日本食や美味しい物に満たされた地で、沢山の方に谷村うどんを食べていただくことができました。コップンカップ

バンコクに着いた瞬間、泊まる場所もないが、タイランドでうどんを作るぜ!とか言っておきながらもキッチンもない状態である。そう、この国でうどんを!と言っているものの、キッチンがなければ当然うどんもないのである。すると、お会いしたことのない方からフェイスブックを通じて、キッチン付きの空き部屋使っていいよ!との連絡を頂いた。ミャンマーで仲良くなった方と酒を飲んでいると、「今日どこ泊まるの?」と聞かれ、相変わらずの「何も決まってない」とのアンサー。「うちに泊まっていきなよ!」と言われ、ミャンマー家庭で初めて蚊帳の中で寝させてもらった。ネパールで、うどんを作りに出張予定だがタクシーが捕まらない。多くの運ちゃんに外国人だからか?英語しか話さないからか?逃げられる・・・時間が迫る中焦っていると、バイクのにーちゃんに声をかけられ、なぜだか目的地まで連れてってくれた。金はいらないという。お返しに日本の飴をあげた。なんともクールで暖かい人々である。