読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

焦らずに、淡々と今やれる(範囲の)ことをやる

うんたらかんたら
最近は何をしてるかというと、ひたすら海の近くに住みこみ、サーフィンをしまくっている。おかげで前よりはうまくなった。最近一本板が折れて悲しい。夜は週3とか4くらいで仕事をして生活費を稼いでいる。たまに小旅行にでかけ、あとは本読んだりゆったりして過ごしている。以上。
 
これは真理だなーと思うのだけれど、タスクに追われ、何かに追われているときこそ、冷静さを失いテンパってぎゃーーー何からしたらいいんだ、わーーみたいなことになることが私はあります。冷静に考えれば今やれることをやることをやる以外に出来る事なんてないはずなのに、その時はそんな冷静な状態じゃいられない。自分は自分を冷静なタイプだとかぬかすことがあるが、全然そんなんじゃない時がたまにやってくる。ぎゃーーーわーーーとなって何がなんだかよくわからないので発狂状態なのであるが、その時の冷静的思考の失われ方と言うと、もう恥ずかしいくらいである。そういう時は、もう言わずもがな、この言葉の通りで、やれることはただ一つ。今やれる事をやるのみ。たまに思うんだけど、人間誰しも脆いもので、普通だと自分の事を思っていても、時に危うく、孤独感、寂しさなのか、なんなのかわからない気持ちに陥る時があるように思うんだけど、そういうときもただただその瞬間の自分がやれる限界ちょっと手前くらいまでをひたすらやるしかないように思う。今日は外に出たくないと思うのであれば、一歩も出ないか、軽く窓を開け放ち外気を感じる。もしくは出来るならベランダにでてみる。無理なら出ない。とにかく無理をしない。出来る所までやる。今日はサーフィンしたい気分でないと部屋で思う。でも海までいくことなら出来る。そしたら海まで行ってみる。そこでまた問いかける。サーフィン出来るか、答えが出来るなら入る。出来ないなら海の近くでチルする。とにかくその瞬間瞬間で出来る所までやる。あとは神のみぞ知る。運任せ。時が何か変化を起こすでしょう。意外と人間の一つ一つの小さな発言や行動の変化が物事や生活に微かながら変化を起こすものだと思っている。だから出来るところまでやっていたら、何か変わる信じて、あとはただただ心平穏に過ごせば良いと思う。ちょっと瞑想的なスピリチュアルな話になるけど、色んな物事が起こるこの世の中では特に、こういう自分に対する冷静な問いかけというのが足りないと思う。自分の話だけど。これが出来ると物事ってそんなややこしくない気がする。ケースバイケースだから異論はあると思うけど、頑張りすぎな人に対しては特に、淡々と今やれる範囲のことをやるという精神はすごく響くと思う。人はいつ死ぬか分からんと言われるが本当にそうで、明日死ぬかもしれないし、あと100年生きるかもしれない。明日死ぬとわかっても、100年後死ぬと分かっても、結局やるべきことは今やれる範囲の事をやるだけ、である。とにかく、焦ったって状況は好転しないし、あたふたして自分を失い、疲弊するだけだと思う。