読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

How to boil Tanimura udon

Cold Kijyoyu udon (normal Tanimura udon)

f:id:zettodayo:20170519140650j:plain

  1. Keep the udon in the freezer when not in use. It stays in the ideal condition for a month, but recommended to consume it in 2 weeks maximum. Please do not put udon on top of the other udon to avoid changing the shape and texture of the udon at the bottom with the weight of the top one.
  2. Prepare boiling water in the pot. Use the pot with largest capacity and fill water up to 80 percent of the pot because preparing a plenty of boiling water always make a better condition for the udon to boil well. 10 times the weight of udon is ideal for the amount of boiling water. Please keep the water boiling for 3 minutes to purify the water. Keep it over the high flame throughout the whole process. When the water is boiling over, please adjust the flame to lower level. Pouring cold water into the pot is not recommended.
  3. Put 2g-3g of vinegar into the boiling water to adjust pH of the water. Therefore the boiling water is now adjusted to proper level to boil udon and the texture of udon becomes smoother.
  4. Take out udon from cling wrap and throw it into boiling water. Throw it in as it is even when it’s frozen. Loosen it in the boiling water with chopsticks. Wait for a minute or two and loosen it when the udon is frozen.
  5. Boil it for 10 minutes in the boiling water. 
  6. Take out udon from the pot and clean it with cold water in the strainer and bowl to get rid of the stickiness and cool it.
  7. There are many other ways, but hold the tip of the noodle bunch and place it into your bowl as drawing a circle.
  8. Please have some toppings and say sauce or mentsuyu. Enjoy the real udon!!!
 
*If you would like to have hot udon, I would recommend to take out the udon after boiling for  9 minutes. 1 or 2 minutes earlier than the time for cold one. Place it into your bowl directly without cooling it with cold water. Having hot udon simply with soy sauce or mentsuyu is called Kamaage Udon. Placing an egg on top of the hot udon with soy sauce or mentsuyu is called Kamatama Udon. Adding a slice of butter on Kamatama is called Kamatama butter udon.

f:id:zettodayo:20170418170721j:plain      f:id:zettodayo:20170519140416j:plain

Kamatama Udon                                                  Kamatama butter udon

オーストラリアでかけがえのないもの

結構自分は環境に影響されやすいのかもしれない。正確に言うと、環境によって行動を変えられることは少ないけど、結構環境を感じているように思う。そんな中で住む場所のもつ空気感とか文化とかノリみたいな、ふわっとした環境は凄く大事で、日本はそれが私と全然合ってない。日本の好きな所は沢山あるけど、あの空気感、うざったすぎる。細かいことは書かないけど、労働倫理とか頑張れ精神とか体育会系とかその辺。それがオーストラリアで感じる、そんなに沢山あるわけではないけど、これはいいな〜と思うものの中野一つに、平日でも、みんな休日みたいに過ごしているという、平日と休日の区別のなさ。こういうのって結構自分の思い込みだったりするんだけど、そう思い込ませてくれる空気がある、ように私には感じられる。この環境って、メンタルヘルス上本当に大事で、心が健やかであれる。働くのが人生だと思ってない人たちが作り出す空気の中で過ごす事は、たかがオーストラリアなんだけどれも、私にとって結構かけがえのない環境であると思う。

時間の使い方

良い時間の使い方って大雑把に言うと、敢えて分けるなら3パターンくらいあるのではないかと思う。まず一つ目は「〜したい」という自身からのモチベーション発信型。何かに憧れて、こうなりたいとかで、例えば私の場合でいうとサーフィンしたいとか、バスケしたいとか。それを満たすことによって自分が気持ちよくなれる系。2つ目は、利他的要素が強い物で、私でいうところのうどん作りなど。何か人のためになりたい、そしてそれを感じて自分も気持ちよくなったり。3つ目は、一つ目と近いんだけど、「〜したい」という自分が気持ちよくなるため、というより「衝動に駆られて」みたいな無目的な時間の使い方。例えば画家が絵を描くように、ゲーマーがゲームに熱中するように、特にこれといった意味のない行動。この3つのパターンの配分・割合がそれぞれの自分の「活動」によって違うと思うのだけど、私ははっきりいって1的な要素は結構やってきた。2は実践中。だけど3が弱い。意識を持ってやるものでないから、何かに迫られてスタートするものなので難しい。難しいというか考えてやることでもないわけで。多くの人は1をやるために、1、2、3、のどれにも当てはまらない、生存するための金稼ぎという4に時間を割いて生きているように見える。私もこういう時期はあったわけだけど、人口の過半数がこれをしているから同調できて気楽なのと、結構4が大変なので1がより気持ちよいし、なかなか4を我慢することさえできたら、割と風通しの良い過ごしやすい時間の使い方のように思う。金持ちで時間たっぷりある人というのは結局3しかないと思う。多分1はもうやり飽きてるし、2は金儲けに適性があるので、どっかのタイミングでやってきてるのだろう。そうなると、この有り余った余生は3に使うしかないと思う。もう無目的に、何かを達成するとかそういうことではなく、ひたすらやる。ただただやるという感覚。ひたすら歩くみたいな。ひたすら蟻の行列を凝視するみたいな。別に目的はないけど。私の場合、金持ちではないけど、そこそこ金はあり、たっぷり時間はある。ひたすら3をやる人生を送りたい。