World Traveling Udon Maker's journey 世界を旅するうどん屋の旅

【World traveling Japanese handmade udon chef visits your kitchen. 世界を旅する本格手打ち讃岐うどん屋が、あなたのキッチンへ】 Bookings available from all over the world 世界中どこからでも予約お待ちしてます

Sincere action from bottom of your heart hit our heart 純度の高い想いは心を射抜く

f:id:zettodayo:20190728153337j:plain

f:id:zettodayo:20190728153438j:plain


f:id:zettodayo:20190728152645j:plain

f:id:zettodayo:20190728152719j:plain

Udon Challenge 264/1200 #georgia #tbilisi

Introduced by the school in Baku, I was fortunate to be able to do school workshop in Tbilisi Georgia!

 バクーの学校からの紹介により、ジョージアの首都トビリシの学校でもうどんワークショップをさせて頂きました。

 

 

f:id:zettodayo:20190728151904j:plain

f:id:zettodayo:20190728151858j:plain

Drinking Georgian man introduced below. Every Georgian drinking party is intense..!
下記で紹介されているジョージアのおじいさんとの飲み会。ジョージア人との飲み会は、毎度激しい。

 

Sincere action from bottom of your heart hit our heart

In this hostel in Georgia, dinner starts out with everyone drinking a full glass of homemade wine or/and chacha (Georgian strong alcohol) in 3 seconds with this amazing Georgian man. This place made me feel like visiting my Georgian relative rather because this Georgian family treat guests with traditional Georgian homemade foods till we are more than full, and show us Georgian way of drinking such as drinking wine crossing our arms or drinking a glass of wine put on our forehead till we all get drunk.

This is not something that happen on special day. As the hostel is too famous among travelers, this 70 year old Georgian man does this almost everyday to welcome and treat travelers. I was rather worried about his health, but I guess he truly enjoy eating and drinking with foreigners from bottom of his heart. He probably would not regret if he dies from drinking, I assume.

This man’s very genuine and true action from bottom of his heart hit me. It’s close to the feeling when a small kid says something very simple but very true/pure.

This experience after all has become the most memorable one for me in Georgia. If someone like him and his family were living in every country, I felt there should be no hate speech or discrimination against anyone in this world. When I saw this Georgian man and foreign travelers drinking and dancing together, I thought that I am witnessing a lead to world peace. Even though what they are offering is minor thing that happens in a small house in a small town in Georgia, I believe something small like this would eventually create an enormous change to the world. I hope my udon events as well could have an impact like this to people.

 

純度の高い想いは心を射抜く


ジョージアのとある宿では、名物おじいさんとの自家製ワインやチャチャと呼ばれるアルコールの一気飲みから始まる。互いの腕を交差させながら飲んだり、額の上にグラスを乗せて飲んだり、数々のジョージア流の宴会芸と共に、奥様によるジョージアの数々の家庭料理が振る舞われるので、宿というよりも、ジョージアの親戚の家に遊びに来たような雰囲気である。

それにしても、恐らく70代を超えるであろうおじいさんは、この人気宿に毎日のように集まるゲスト相手にこのようなパフォーマンスをしているのだから、楽しいのと同時に身体が心配である。きっと、心からお酒を我々のような外国人と飲んだり食べたりするのが好きで、これで死んでも本望なのではないかと勝手に想像する。

正直、このような混じり気のない想いを目撃すると、心を打たれる。子供のピュアな発言にハッとさせられる時のような感覚。

ジョージアでこの方々と一緒に飲んで騒いだことが、私にとってはジョージアでの最大の思い出となった。このようなラブリーな方が、世界各国にいて、我々のような外国人と楽しく盃を交わせたなら、世界に差別もヘイト感情もないのではないかと思う。実際、共通言語を持たないおじいさんと外国人が酔っ払って踊っているのを見て、今起こっていることは世界平和の希望の星だなこりゃ!と思った。一つの屋根の下で行われる小さな営みではあるが、このような小さな喜びを積み重ねることが、少しでも誰かにとって住みやすい世界にするのではないかと思う。私が実施するうどんイベントもそのような空間になっていたら嬉しい。