World that World Traveling Udon Maker wants to see 世界を旅するうどん屋が見たい世界  

【World traveling Japanese handmade udon chef visits your kitchen. 世界を旅する本格手打ち讃岐うどん屋が、あなたのキッチンへ】 Bookings available from all over the world 世界中どこからでも予約お待ちしてます

(Udon challenge 64/1200) Amazingly chaotic country Nepal 最高にカオスなネパール

f:id:zettodayo:20190224125628j:plain

f:id:zettodayo:20190224125216j:plain

f:id:zettodayo:20190224125223j:plain

f:id:zettodayo:20190224125228j:plain

f:id:zettodayo:20190224125233j:plain

f:id:zettodayo:20190224125239j:plain

(With huge support by J’s Japanese cooking studio in Kathmandu Nepal, I could make my first udon party in Nepal successful! Including Nepali people, 20 people from all over the world participated. Thank you!)

 Here I am in Nepal where I was longing to come for years. Even in the most touristy area of Kathmandu, Thamel lets you encounter scenes of Nepali Buddhist and Hindus with traditional wears, and sometimes even wedding parade in the main street, which are hardly seen in major South East Asian country cities nowadays. I am a “local vibe freak” so something like these moment make me very excited. Such a chaotic country with people of different facial features (Mongoloids, Aryans…) and various types of foods which make me think of Tibet, China and India.

 

(ネパール・カトマンズにあるJ’s Japanese cooking studioさんにて、皆様の多大なるサポートのもと、ネパールで初うどんを作らせていただくことができました!ネパール人含む様々な国の方々にご参加頂き、久しぶりの20人規模の会となりました。ありがとうございました。)

さて、念願のネパールにやってきた。ネパールの中でも観光客が集まるエリアである、カトマンズ・タメル地区でさえも、東南アジアの都会とは違い、ヒンドゥー教徒仏教徒がそれぞれの民族衣装を身にまとう姿や、地元の人たちの結婚式のパレードが2019年でも日常的におがめるのは割と貴重な気がする。こういう地元の方々の生活感溢れるリアルが大好きな私にとっては興奮モノである。一口にネパール人と言っても、モンゴロイド系やアーリア系の顔立ちをしている人が混ざり合い、食べ物もインドを感じさせるもの、チベットや中国を感じさせるものが混ざり合い、最高にカオスである。