★All about Tanimura udon 谷村うどんの全て【谷村うどんを依頼される方はここから読んでくださいFirst timers, please read from here】★

(下部日本語)

 

①谷村うどんとは?What is Tanimura Udon

②予約と谷村うどんの出店スタイル Bookings and how Tanimura udon appears

③価格 Prices

④予約の際の注意事項 important notice

⑤ 私が欲しいものリスト My wishlist

⑥谷村うどんの谷村とは何者か? Who is Jun Tanimura?

⑦スケジュール Schedule

⑧うどんホスト Udon host

⑨FAQ

⑩メディア露出 Media exposure

 
①Tanimura Udon is a handmade udon restaurant traveling all around the world without settling, like a gypsy. Its motto is very simple,  " to serve handmade udon to udon cravers in the world”. I will guarantee that I will offer fresh handmade udon that I trained in Sanuki(a.k.a Kagawa prefecture) Japan. All you need is gas or IH stove, tap water, and stable table height of waist. Currently I am traveling around in Australia, however I would love to visit some other countries if anyone in the world would love to have my udon and willing to pay for the cheapest possible transportation fee. So far I have served my udon in many ways such as by doing udon workshops at school and restaurant, popup events serving my udon as special menu of the week at restaurants and cafes, and visiting houses. However, I am willing to make my udon in many other ways, so please give me some ideas if you have come up with fresh fun ideas. I started udon traveling from Japan, and landed to Goldcoast, Brisbane, Sydney, Coffs Harbour, Melbourne…The events I held so far could have happened because of my supporters' shares and likes on Facebook and spread of word of mouth. Thank you very much for your support always.
 
 
②How to book and how Tanimura udon appears
 
Please check my schedule below on this page and send me a message via my Facebook page or text. 046875509(Jon)
Udon that will be served is soy sauce based cold or hot udon. I will prepare shallots, bonito flakes, seaweed, sesame and grated ginger for toppings.
Since I started this activity, I have visited some houses to make udon, done workshops at schools and restaurants, done popups at restaurants serving my udon as special menu for public. If you wish to try out these ways, please check out the prices below. If you are looking into some other ways, I would love to serve my udon in various ways so please talk to me.

f:id:zettodayo:20170527084155j:plain

③Price

■Visiting style( etc. visiting your house or free kitchen space. Anywhere where there is a kitchen facility)

Visiting Tanimura Udon in on “pay your fair price” system. I will bring my donation  box to the venue so please pay the amount you feel fair depending on my service and udon quality. Tanimura Udon is managed by your contribution since I would like to serve my udon to all people who are willing to have my udon. However, there is a transportation fee to get to the venue and hours of preparation of dough making prior to the event, so I really appreciate your extra contribution if you could. Thank you for your understanding.

www.facebook.com

www.facebook.com

 

■Workshops

Udon making is not just about learning recipes, it is more about actually experiencing and feeling the texture of the dough with your hands and feet. In this workshop I will teach all of my recipes which you can buy at anywhere in Australia and what I actually do(Kneading-stepping-ageing-spreading-cutting) to make it chewy and tasty. So you can make your own delicious udon at home.

50AUD per person

*minimum of 4 participants

*Takes approximately 2 hours from the start to end

 

www.facebook.com

■Popups

Visiting fee: 50 AUD

I have served with 12~15AUD depending on the areas.

Let’s talk!!!

www.facebook.com

 

【Transportation fee (round trip by car)】

Under 20 km from where I stay is free. 10AUD for every 30 km when more than 20 km

 

【optional: Takeaway udon (noodle only and boil at home by yourself)】

In any ways above, I am selling takeaway udons so you can have tasty udon even at home if you could order beforehand. The udon is cling wrapped and can be kept it in the freezer for a month. Please see the link “how to boil Tanimura udon” below and follow the steps.

1 serve =10AUD=100g(before boiling)=200g(after boiling)

  • 20AUD of canceling fee will apply when the reservation was cancelled after booking.
  • Preparation of udon starts few days prior to the event as udon making needs a time for aging. Therefore please keep in mind to have all the participants on the starting time of the event.
  • I am asking the host of the event to pay for lights, gas, and water expenses, but I try my best to keep them minimum.
  • I am borrowing the kitchen utensils from the host of the event if possible. Please write what you have and what you don’t on the questionnaire I will be giving out.
  • I prepare all the ingredients and toppings and pay for them.
  • Please keep in mind that I will use a lot of flour on my performance and the table and floor might get a bit dirty.  Also the stove possibly gets messy when it boils over.  I will clean them up afterwards.

⑤My wishlist

  • If you support and appreciate what I do, I greatly appreciate donating things you don’t need from my wish lists (please check out ⑥). I have things that I can offer as well so please check those out too and let me know if you want those⑥27 year old Japanese traveler. Trained in Kagawa prefecture where is well known by udon, but i was born and grew up in Saitama prefecture. When i was 25, I started thinking of doing my own restaurant and decided to learn about udon as I really loved any types of noodle. In Kagawa, I went to udon schools and built comprehensive knowledge about udon, how to use udon machines, and how to make udon by hand. After training in Kagawa, I came to think that I cam accomplish what I want to do without investing for owning my restaurant, and therefore started to serve my udon as popup at restaurants, cafes, guesthouses, and sharehouses using my connection. I spent my middle school and high school years in U.S and I was capable of English communication so I wanted to try to make my udon in some other countries to find something better. Now in Australia. My goal is to have people who are craving for my udon all around the world and to have lots of home where I can go back. Since then more than 500 people have eaten my udon.  Some of my hobbies are hiking and camping on mountain, going to gym, and meditation.

*When booking, it would be greatly appreciated if you could choose the date when the place you want to invite Tanimuraudon and where I stay is close. Thank you for your understanding.

*where it says “off”, I am taking a day off and not accepting a reservation.

*where it says “no accommo”, I don’t have a place to sleep and I am looking for it. Greatly appreciated if you could offer me.

 

Udon host is the system to offe your vacant room or space where I can stay in return of free Tanimura udon. I am looking for a place for lodging all the time as a traveler. Some information that one of your friends is willing to offer a room is welcome.
 
 
-I would like to stay for a week approximately, but please send me a message even with shorter period of time (I may ask to extend or shorten depending on the situation…)
-I will be able to serve my udon to host family only for free once in a week. In case my staying period is extended, I can serve my udon for free once in a week.
-When you would like to invite your friends and have a big udon party, I will ask either those friends or udon host some contribution as your friends’ participation fee(no limitation in number of participants). Please tell me the number of participants if you are planning on inviting some friends beforehand so I can prepare. Thank you for understanding.


zettodayo.hatenablog.com

 

______________________________________________________________________________

 

①谷村うどんは、日本全国・世界各地をジプシーのように定住することなく旅をしながら、形態に捕われず美味しいうどんを提供する日本国香川県発の無店舗型のうどん店。「うどんを食べたいと言っている人に手打ちうどんを届ける」、それだけの極めてシンプルなサービスです。トッピング等気まぐれですが、店主谷村自らが香川県に足を運んで学んだ、美味しい讃岐流の手打ち麺をご提供することだけは保証します。ご用意頂きたいものは、基本的にはコンロ(IH可)と水道と腰の高さのテーブルのみです。現在はオーストラリアで活動中ですが、交通費さえ捻出して頂ければ世界中のどこでも伺いますので、場所関係なくご連絡ください。これまではお宅訪問、学校でのうどんワークショップ、レストランやカフェでのポップアップイベント等やりましたが、やり方にこだわりはありませんので、イベント開催、出店等まずはご相談ください。現在はオーストラリアでうどんを作りながら旅をしており、ブリスベンゴールドコーストシドニーメルボルンでうどんを作りまくる日々。これまでの開催は人づてだったり、Facebookやネット上での告知のみで行われており、皆様のいいね!やシェア等により、想いもよらぬ所から連絡を頂いたりしてます。Facebookやその他SNSの拡散力、影響力は強力です。どこで人に繋がるかわかりません。いつも皆様、いいね!やシェアありがとうございます。

 

zettodayo.hatenablog.com

②予約と谷村うどんの出店スタイル
 
私のスケジュールをご確認の上、Facebookページのメッセージからご連絡ください。またはテキストください。0468765509(Jon)
 
現在提供されるうどんは生醤油(きじょうゆ)うどんと呼ばれる、水で締めた麺に、だし醤油をかけて食べる冷たいシンプルなうどんです。(温かいうどんも可)トッピングはねぎ、胡麻、鰹節、生姜、海苔等があります。
これまではお宅訪問で行う訪問型、学校やレストランで行うワークショップ、レストランでスペシャルメニューとして一般向けにうどんを提供するポップアップ、という形で谷村うどんを楽しんでもらってきました。このやり方で実施する事を希望される場合は、下記価格にて実施していますので、ご確認ください。個人的にこれまでのやり方にこだわりはなく、あらゆる形でフレキシブルにうどんを食べてもらえたらと思っているので、他のやり方をご希望される方は、相談の上、値段設定をさせて頂ければと思います。
 f:id:zettodayo:20170527084155j:plain
③価格
 
■訪問型(キッチンがある場所ならどこでも)
 
訪問型谷村うどんは、寄付制です。出来上がったうどんとサービスに対して、ご自身が払いたい額をお支払い頂くシステムです。当日、投げ銭箱を持っていきますので、美味しかったと感じて頂けたり、谷村うどんを応援したい!と感じて頂けたらその分だけお支払いください。
 
一方で、谷村うどんは基本的には皆さんの寄付を活動資金とさせて頂き運営しております。「谷村うどんを食べたい!」と言ってくださる方に出来る限り食べて頂けるようにするため、寄付制で運営しておりますが、会場への出張費や数日前からの仕込み時間もありますので、可能な方はその分のお気持ちもお支払い頂けると大変助かります。今後の谷村うどんの活動資金として有り難く使わせて頂きます。
 

www.facebook.com

■ワークショップ(キッチンがある場所ならどこでも)

うどん作りはレシピを学ぶのだけでなく、実際に手や足で触れて生地を感触を確かめながら、体験することが重要です。このワークショップでは、オーストラリアのご自宅でも美味しいうどんが作れるように、オーストラリアのどこででも手に入るレシピを学び、実際に捏ねる、踏む、伸ばす、切る行程を体験してもらいます。

参加費一人当たり 50AUD 

※最低4人の参加者が必要です

※約2時間程度かかります。開始から2時間後に食べられるイメージです。

 

■ポップアップイベント

飲食店とコラボしてうどんを販売します。

これまでは谷村うどん一杯12ドル〜15ドルでやってきましたが、相談して決めましょう!

 

【交通費(往復分)】

滞在先から約20キロ以内は無料、それ以上は30キロ毎に10ドル

 

【オプション:テイクアウェイ生うどん(麺のみ)】

 谷村うどんテイクアウェイとして、ラップに包んだ生うどん(茹でる前の麺状のもの)を下記価格でお渡ししています。どの出店方法でも、事前に注文頂ければ準備できます。冷凍庫で一ヶ月程保存可です。このページに「谷村うどんの茹で方レシピ」が載っているので、テイクアウェイを購入された方はこのページを見てやってみてください。

1玉:10AUD

※テイクアウェイ生うどん(茹でる前)=約100グラム。茹でると約200グラムになります。

・予約確定後のキャンセルはキャンセル料が20ドルかかりますので、ご注意ください。
・うどんには熟成という、生地を寝かせる行程があり、よりコシのある美味しいうどんを食べて頂くために、開始時刻に合わせて、数日前から準備を始めています。出来る限り、開始時刻に大部分の参加者が集まれるよう調整お願い致します。 
・うどん完成までにかかるガス、電気、水道使用料は基本的にご負担頂く事になります。勿論、最小限になるよう努めます。
・谷村うどんでは特別な道具以外は、基本的には開催場所の道具をお借りして運営しています。お持ちでないものは、予約の際に送らせて頂くアンケートの各質問箇所に「なし」とご記載ください。
・うどんに必要な材料、トッピング類は全てこちらで準備しますので、材料関係で必要なものはございません。
・麺を伸ばす際に生地が張り付かないよう、打ち粉として小麦粉を使うため、テーブルや床が少し白く汚れます。片付けの際に掃除しますが、ご了承頂けますと幸いです。
・麺をゆでる際、大量の麺を同時にゆでる場合、茹で湯の吹きこぼれがある可能性があり、コンロ周辺が少し汚れてしまうことがあります。こちらも片付けの際に掃除しますが、ご了承ください。
 

⑤欲しいものリスト

物の寄付を承っておりますので、何か私の「欲しいものリスト」に載っていて、必要のないものがありましたら、それを寄付して頂くことも大歓迎です。私が提供できるのものもいくつかありますので、欲しい物があったらあげます。

よく旅をする現在27歳日本人男性。うどん県で知られる香川県三豊市財田町発のうどん職人(出身は埼玉県)。25歳の時に「飲食関係の職人になりてぇ!」と思い立ち、大好きな麺で職人になることを志す(当時はラーメン、蕎麦が大好きでうどんに興味ナッシング)。香川県ではうどんの座学から実践、手打ち・機械打ち等幅広く学び、習得する。香川県で修行後、「店を持つという大きな投資をしなくても、自分のうどんを食べてもらう事は出来るんだよなぁ」とほのぼの思い、日本ではレストラン、カフェ、ゲストハウス、シェアハウス等色々な方の御協力により、出張型の「店を持たないうどん店谷村うどん」が誕生。これまで恐らく500人位が谷村うどんを食す。中学高校を米国で過ごした谷村はその海外経験を武器に、今度は「海外で谷村うどんやりてぇ!」と言い出し、挙げ句の果てには「世界中に谷村うどん食べたいって言ってくれる人がいたら最高だよな」とか言い始める。そこで谷村うどんは遂にオーストラリア進出。趣味は登山テント泊、体作り、瞑想。

zettodayo.hatenablog.com

※ご予約の際は出来る限り、宿泊場所(accomoと表示されている欄をご確認ください)から近い場所を設定するか、予約日を選んで頂く考慮を少しだけして頂けると助かります。

※offと書かれているところは谷村休息中のため、予約受け付けていません。

※no accomoと書かれている所は宿泊場所募集中です。

 

⑧うどんホストとは、寝床を提供してくださった方に、谷村がお宅滞在中に谷村うどんを寝床提供者ご家族(うどんホスト)の方にプレゼントさせて頂くシステムです。谷村は旅をしているため、常に寝床を探しているのです。友人が寝床を提供したいと言っている、等の情報も大歓迎です。

 
・基本的に希望滞在期間は1週間程ですが、それより短い期間のオファーでもとりあえず連絡してみてください。(状況によって期間を延長したり、短くすることを相談することもあるかもしれませんが・・・)。
・谷村が滞在中、うどんを無料で提供させて頂くのは基本的には1週間に1回のみで、うどんホスト(ご連絡頂いた方)のご家族のみです。それ以上の期間滞在させて頂くことになった場合は、もしご希望であれば週に一度はうどんを無料で提供させて頂きます。
・ご友人を招待してうどんパーティーをしたい場合は、ご友人のうどん代を、そのご友人、又はうどんホストに寄付をお願いする形で回収させて頂いておりますので、ご理解頂けますと幸いです(人数に制限はありません)。

zettodayo.hatenablog.com

 

zettodayo.hatenablog.com