How to boil Tanimura udon 谷村うどん茹で方レシピ

(下部日本語)

 

Cold Kijyoyu udon (normal Tanimura udon)

f:id:zettodayo:20170519140650j:plain

  1. Keep the udon in the freezer when not in use. It stays in the ideal condition for a month, but recommended to consume it in 2 weeks maximum. Please do not put udon on top of the other udon to avoid changing the shape and texture of the udon at the bottom with the weight of the top one.
  2. Prepare boiling water in the pot. Use the pot with largest capacity and fill water up to 80 percent of the pot because preparing a plenty of boiling water always make a better condition for the udon to boil well. 10 times the weight of udon is ideal for the amount of boiling water. Please keep the water boiling for 3 minutes to purify the water. Keep it over the high flame throughout the whole process. When the water is boiling over, please adjust the flame to lower level. Pouring cold water into the pot is not recommended.
  3. Put 2g-3g of vinegar into the boiling water to adjust pH of the water. Therefore the boiling water is now adjusted to proper level to boil udon and the texture of udon becomes smoother.
  4. Take out udon from cling wrap and throw it into boiling water. Even with frozen udon, throw it in directly. Wait till the udon starts to loosen by itself. And then, loosen it in the boiling water with chopsticks. 
  5. Boil it for 10 minutes in the boiling water. 
  6. Take out udon from the pot and clean it with cold water in the strainer and bowl to get rid of the stickiness and cool it.
  7. There are many other ways, but hold the tip of the noodle bunch and place it into your bowl as drawing a circle.
  8. Please have some toppings and say sauce or mentsuyu. Enjoy the real udon!!!
 
*If you would like to have hot udon, I would recommend to take out the udon after boiling for  9 minutes. 1 or 2 minutes earlier than the time for cold one. Place it into your bowl directly without cooling it with cold water. Having hot udon simply with soy sauce or mentsuyu is called Kamaage Udon. Placing an egg on top of the hot udon with soy sauce or mentsuyu is called Kamatama Udon. Adding a slice of butter on Kamatama is called Kamatama butter udon.

f:id:zettodayo:20170418170721j:plain      f:id:zettodayo:20170519140416j:plain

Kamatama Udon                                                  Kamatama butter udon

 ________________________________________________________________________________________________

 

冷たい生醤油うどんレシピ

f:id:zettodayo:20170519140650j:plain

 
1.うどんは麺状にしてから時間が経つごとに劣化が進みます(コシやハリが落ちます)。劣化を防ぐため、麺は可能な限り冷凍庫で保存してください。麺がまだ凍っていない間は、麺の上に他の麺を乗せると麺の形状が変化してしまうので、何も乗せないことをお勧めします。
 
2.ご準備頂いている鍋に、お湯を準備してください。茹で湯が十分にあればあるほど、質の良いうどんが出来るので、出来るだけ大きい鍋で、沢山の茹で湯をご準備ください。(基本的には麺の重さに対して10倍の茹で湯が適量と言われています)茹で湯を浄化するため、沸騰してから3分ほど、ぶくぶくと沸騰状態をキープして放置してください。基本的には全行程を通して強火で良いと思います。吹きこぼれがありそうな場合は、中火、弱火にして調整してください。冷たい水を入れて調整するのはおすすめしません。
 
3.pH調整(アルカリ性、酸性状態にある水道水を弱酸性にする)のため、酢を茹で湯に2〜3グラム程入れてください。こうすることにより、うどんを茹でるのに適した湯で湯の状態にする事ができ、麺の肌荒れを起こさず、ツルツルした麺を頂けます。
 
4.麺をラップから取り出し、沸騰した湯に入れます(凍ってる場合も自然解凍せずにそのまま投入)。菜箸で優しく麺をほぐしてください。凍ってる場合は、投入後、麺が勝手にほぐれてくるまで放置し、そこからほぐしはじめてください。
 
5.タイマー10分程茹でてください。麺を入れて再沸騰してからは、吹きこぼれの恐れがあるため、ふたはしないほうが良いです。
 
6.ボールにザルを重ね、麺を鍋から取り出して入れます。水道水で茹で上がった麺のぬめりを取りながら、麺を水で締めます。麺の束を掴んで、自分の手を洗うように麺と麺を軽くこすり合わせると、ぬめりが取れやすいかと思います。(全ての麺を取り出す前に、麺を一、二本取り出し、水道水で締めて試食してみるのも良いと思います。自分好みのコシで麺が楽しめます。)
 
7.ご準備頂いている器に麺を盛りつけます。色々な盛りつけ方がありますが、個人的には麺の束の先を持って、渦巻き状に盛りつけると麺線が綺麗に見えるのでおすすめです。
 
8.ご自由にトッピングしてください。私の盛り付けを参考にするのも良しですし、自己流も勿論良いと思います!これで谷村うどん完成です。ご賞味あれ!
 
釜玉うどんや、釜揚げうどんという、その名の通り「釜から直接揚げたうどん」メニューがあります。寒いし、温かいうどんが食べたいという方におすすめです。冷たいうどんは締めることを想定した上で約10分タイマーでしたが、釜玉や釜揚げの場合は、約9分くらいで(好みですが)、鍋から直接うどんを器に入れます(水で締めません)。そこに卵をからめてだし醤油をたらしてお好きなトッピングをし、卵かけごはんのように食べる釜玉うどんも良し。卵なしでだし醤油をたらしてトッピングしてシンプルに、冷たいうどんとは違う麺のコシを楽しむのもありです。

f:id:zettodayo:20170418170721j:plain  f:id:zettodayo:20170519140416j:plain

釜玉うどん)                              (釜玉バターうどん)