読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するうどん屋のうんたらかんたら

できるだけ人が興味を持たないことを、一切無理する事なく書き続けてます

人生のあらゆるシーンにおいて余裕を持ちたい

あーやばいなー自分とかネガティブかつ狭い視野で物事を見ている時こそ、一旦冷静になってみると、こうしたらいいだけじゃんとか、すごく論理的に物事の道筋が見えてくる。かなり当たり前のことだけど。だけど、未だによくこういう狭い視野にいる自分を第三者的に発見する。人生は長いのだから、あらゆる人生の状況というのは、その時はその時で楽しめばいいと思う。私は今オーストラリアにいて、一人で過ごす事が多い。日本にいたらちょっと東京までいけば、知り合いに連絡したら誰かと一緒にいることができる環境が作れるけど、この未開の地オーストラリアではそうはいかない。とにかくサーフィンも一人プレイの遊びだし、仕事は仕事だし、なかなか交友関係が広がらない。けど、今迄だって、日本にいた時だって大体は一人な訳で、そもそもが一人なのであるわけだし、一人だって別に悪いもんではない。というか結構これまでの人生、あらゆるつながりを持ちつつ生きて来たけど、基本的には一人で何事かをすることが多い人間である。とはいえ、せっかく異国の地へきたのだから交友関係を持とうと思うが、持とうと思うとどうも変な感じになる、というのが人間関係のような気がする。だからもはや、一人でいいんじゃないかと思っている。一人でいることは、それはそれでいい事があり、複数でいることは、それはそれでいいことがある。一人でゆったり過ごしてたら、なんとなく人なんて周囲に存在するようになるさ、という心持ち。そして、周囲に存在しなくたって、死にはしないし、一人で楽しく過ごしていようというマインド。こういう余裕が、長い人生においては必要だと思う。こういう人は強いと思う。あらゆる状況をピンチに捉えず、ネガティブに捉えず、その状況を俯瞰して楽しめる心持ち。たとえ、牢屋に入れられようと、大好きなパートナーと遠距離恋愛になろうと、「これはこれでいいんじゃないか、必要な状況なのではないか」という、ある種仏様のような、スッと冷静になれる余裕が欲しい。もちろんそれが出来るシーンもあるけど、未だにちょっとした、しょーもない感情に振り回される未熟かつ、素直な自分がいる。可愛いもんだな〜と思いつつも、当本人はなかなかややこしい気持ちを抱えているのでさっさとおさらばしたい。