読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するうどん屋のうんたらかんたら

できるだけ人が興味を持たないことを、一切無理する事なく書き続けてます

心躍るもの

基本的に何でも興味は持つし、持つようにしてるし、その魅力に気付くと面白いなーと思うんだけど、27年間生きて来てやっぱこれすげーなー、めっちゃいいわ!というワクワク感、高揚感、まさに言葉通り心躍る対象っていくつかあるなーと寝る時に思ったので、ごちゃごちゃ書いてみます。
 
まずは旅。つまり色々な所に行ってみるという事。グーグルマップで世界地図見てるだけでウキウキします。世界一周船乗ったり、オーストラリアきてより思うけど、こんなところでこんなことしてる人いるんだー!すげ!という発見に、どこにだってそりゃ人はいると思ってるから理屈的にはわかっちゃいるんだけど、毎度感激する。世界一周船でまわった聞いた事のない島にも、あんな辺鄙な地域にも、人はいて、想像もしないようなバックグラウンドで生きているというのが、なんともこの自分の世界がぐわっと広がる感じ、というと陳腐な表現だけど、おおおーーという圧倒される感じが好き。自分はこれまで凝り固まった考え方してきたな、と思わされる。単純に行った事ない地域を見てると興奮する。なんか楽しそう。この「なんか」に色々な想いが詰まっているわけで。できるならやっぱり色々な地域にある程度の期間定住したいなぁ。やっぱり、これも本当に理屈的にわかっちゃいるんだけど、ちょっと観光で行くのと、最低1ヶ月くらいは住んでみるのでは全然見え方が違う。なんか固定された概念もってたなぁと、当たり前の気付きを得る。今なんかはなぜかドイツの地図みて興奮してます。あんな色んな国に囲まれてて、とか。特にこれまであってきたドイツ人の若者がすごい教育的に進んでるような気がして。若くして色々な所に足を運び、言語的な意味でもコミュニケーション的な意味でも高いコミュニケーション能力を持って、あまり他国の同世代の人がやらないようなことやってる人が多い気がする。どんな教育制度やねんと思います。ある人は20代前半くらいの人たちで中国の高校で英語教えてたし、ある人は19歳でサーフィンの資格とりに南アフリカ数ヶ月行って、今オーストラリアにいるという、自分が19の時は大違いなワールドスケールな生活しとんなと。なんだかんだ、ヨーロッパってこういうところ進んでるなと思わされる。制度とか暮らしとか教育とか、ヨーロッパといってもピンキリだけど、なかなか強い。若い人に会っても知識とか人としての成熟度の水準が高い気がする。ヨーロッパ以外で会う純ローカルではないからな気もするけど。
 
音楽&ダンス。やっぱり、10代の頃から興味持ってただけあって、音楽&ダンス、このコラボレーション最強だなと未だに思う。めちゃめちゃ心躍る。うわーーーと心から思えるのはやっぱこれ。特に音楽。めちゃくちゃ沁みる。なんか無条件に良い。言葉のストックがないからか、それこそが音楽だからかなのかはわからないけど、本当に言葉の通り、言葉に表せない良さがあると思う。今後の人生、やっぱりこの分野にはもっと力いれたいなーと思う。ただただ楽しい。こういうものに出会えて本当によかったなーと思う。何も言い得てないけど、本当にそれだけでした。ただただ素晴らしい。カッコいいし、無条件に心通うし、踊るしっていう。
 
自然。これもまた無条件に良い。綺麗にちょろちょろ流れる山の水とか、清流とか、綺麗な海もそうだし、そよ風とか、つんと冷たい空気とか、たまに意識的に見る青空とか、これに適うもんはないなーと思う。結果的にキャンプとかアウトドアアクティビティかなり好きだし。最近は山登りとかサーフィンとかやって、対自然系アクティビティやって、余計思う。この辺のアクティビティ心引かれるものあるのは、対自然だからだろうなーと思う。これもまたなんでと言われると難しいけど、変化に富んだ気候、リアルに訪れる生命的危機、シンプルな美、ありのままな姿、そういう手の加えられていない、加えられない自然なままの自然が好きなのだと思われる。
 
食。これも言わずもがな、うまいもの食べると、あーいいなーと無条件に思う。サーフィンのあと、アイス食べる事想像するとウキウキするし、オーストラリアにいながら、今日アジア料理食えるよ、とか言う話になったら、まじっすか!というノリに本気でなるという素晴らしさ。今からこってりラーメン食えるよ、ってなったら無条件にウキウキするのである。音楽とも似てるけど、食という活動を実践してない人ってほぼいないと思うんだけど、他人と共有しやすいってのも良い。喜びをわかちあいやすい。
 
あとは動物とか祭りとか人との出会いとか。色々考え始めたらでてくる。こういう高揚感を感じられるような対象は大事にしたいなーと思う。ふりかえって見てみると、ヒッピーみたいな好みしてるなと思う。