World that World Traveling Udon Maker wants to see 世界を旅するうどん屋が見たい世界  

【World traveling Japanese handmade udon chef visits your kitchen. 世界を旅する本格手打ち讃岐うどん屋が、あなたのキッチンへ】 Bookings available from all over the world 世界中どこからでも予約お待ちしてます

それでもlife goes on

人生にマウントとられて、近視眼的になって、何度も経験してるはずなのに、またうまく攻略できずにやられることが26歳くらいから27歳くらいにかけて良くある。このごろの私のメンタル状態は弱っている気がする。思い出せる限り、ちょっと前の自分はこんな感じではなかったのに、最近は人生放棄気味である。80歳とは言わず、40歳まで生きるのだりーなぁとか、なんなら今27だけど30ですら遠いな、長いわと思う。突如生きなり終わったりしないかなとか思ったりする事もあるけど、これ以上は本当にそうなったら怖いのでやめておこう。こんな時は瞑想かなんかして俯瞰を取り戻すのが重要だと思う。前にも書いた気がするけど、何度も経験してるのに、すぐに視界が狭くなって、やられている自分によく飽きれる。そのプロセスの中で、よく俯瞰に浸りすぎて、悟りに近いものを感じてしまうんだけども、今回もそんな感じです。

 
ルーティーンというか、ゲームというか、エンドレスなサイクルな気がするんだけど、人は理想を描き、頑張って叶えるために行動し、達成し、想像していた光景とは違うものを到着点で目にし、新たに理想を描く。俯瞰に浸りきっていたら、このサイクルに嫌気がさしてくる。例えば、周囲の人が結婚しました、となると「いいなぁ、幸せそうだなぁ」(自分は今の所結婚したいという気持ちはないけれど)と思うんだけど、それって瞬間的で、その結婚した人たちからしたらここからが始まりで、スタートを切りました!の瞬間を周囲に祝ってもらわれている状態。これから山あり谷あり、楽しい事もあれば辛い事もあり、ずっと幸せであれることを信じて歩んで行くわけだけど、そうでないパターンももちろんある。そうなる予定なんかこれっきしもなかったのに、離婚したりすることもあるし、何事もなく円満に夫婦関係という形を保ち、人生を終えることもある、という。結局瞬間的に素晴らしいように周囲から見えるんだけど、その人たちからしたらそこからが勝負で、これで安泰だと思ったって、気持ちや状況なんていくらでも恋愛関係の間では変化する。変化しない事なんてないんだと思う。結婚というのはあくまで一つの区切りであり、life goes onなのである。結局その後どうなるのかは誰にも分からない。
 
入りたい大学に合格しました!というのももちろんそこから目指していた理想の大学生活が始まるのであって、理想とは違ったり、理想通りだったりすることろを感じながら続いて行く。受験勉強中は合格というところだけを目指して、鼻息荒く頑張っていくわけだけど、合格してからそこから新たに再スタート。人生は続くのである。
 
この、目指す、頑張る、到着する、確認する、目指す、頑張る・・・のゲームにはまった場合、これは一生続くのだろう。これを打破するにはやはり、もうまっしぐらに目指す事を辞めるのが一番なんじゃないかと思う。基本は現状に充足感を感じられるメンタル状態を作る事が大事。生きているとイヤなことは沢山ある。でもよく見れば、恵まれている事も沢山ある。イヤな事がない状態なんて、基本的にはほぼないと思う。とても、ありきたりな締め方なのだけど、結局はいかに恵まれている部分に意識をおいて生きるかだと思う。いやなところをに焦点を当て続けてしまう人というのは、どこにいたって何してたって、充足感はないのだろう。