読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現在のジュンタニムラの価値観をご紹介〜健康と福祉編〜

_________________

 
★親の介護(実親&義理)について、具体的な計画がありますか?いよいよ認知症になって在宅看護になった場合、なにかを犠牲にしてそれをしなくてはならない場合があります。その場合、収入、ステイタス、住居その他の利便性、自分の時間や社会的活動領域、、、まず犠牲にするとしたらどれですか?実際には状況によって選ぶ余地もないでしょうが、もし選ぶとしたらどれから先に切り捨てますか?


具体的な計画はないです。ただ育てて頂いた身として、出来る限りのことをしたいと思っています。今はこの気持ちしかなく(この気持ちがあることが一番大事だとは思うのですが)、別記事を読んで頂いてもわかるようにifの話はたまに想像しますが、あまり考えてもしゃーないとおもっているたちなので、この件も例外ではなく。「出来る限り」というとよく考えてみると実はふわっとしてるなーと今書いて思いましたが、具体的には「自分が後悔しないように」という基準になるかと思います。結局自分なんですねー人間は・・・というか私は。少しいたたまれない気持ちになったりします。

一番先に切り捨てるのはステイタス。その次が住居その他の利便性。その次が自分の時間や社会的活動領域。その次が収入。となると思います。ここまで細分化して考えると、「出来る限り」というのがわかりやすくなりますね。おお、思ったより自分は親に尽くそうと思っているようです。やりますな私!ただ、これも例えば片親は介護出来る状態になり、片親は介護が必要とあれば、住居や自分の時間は捨てないかもしれません。ステイタスは今の自分は簡単に捨てられる気でいますが(笑)両親認知症であった場合は、上記プライオリティとかおいておいて、在宅看護をとりあえずしてみると思います。それで色々トラブルや葛藤があった際にまた考えます。だいたいいつもこんなんですね私は、あまり起こってもいないことに考え込まないという(笑)

★医療健康面についてうかがいます。自分や家族の健康については、超気にする(100)~ニュートラル~無頓着(0)の100分率だとどのあたりになると思いますか?むろん病気の種類によっても気にする度合いが違うでしょう(虫歯には懲りてるから歯には注意するが、糖尿病などについてはあまりに気にしてないとか)が、そのあたりも。
 
自分に対しても、家族に対しても65くらいだと思います。今最初に80と書いて、下の質問を見て65に下げました(笑)なぜ80と書いたかというと結構健康について考えるのは好きで、なぜかというと体の喜びとは心の喜びと繋がっていると思っているため、運動とかよくします。体動かした後ってなんかすっきり気持ちよいじゃないですか。運動した後のうまい夕飯とビールとか最高です。つまり、健康であることが心の幸福感に繋がっていると思います。なので、ジョギングも定期的にしますし、美味しいかつ栄養のある物を食べるように意識します。豆乳とか飲みます。こういうところから自分の健康意識は高いほうなのかなーと思った訳です。
一方で、マクドナルドは食べるし、すき屋も行くし、インスタントラーメンも大好きだし、家系ラーメンは大好きだし(めちゃくちゃ)、お酒も結構飲むし、仕事で急がしすぎた時は野菜何日間か食べてないなーとかあるから、ようわからんのですが。一般の基準があんまりわからないですね、つまり50がどんなもんなのか。
65に下げた理由は次の質問にて。

放射能被曝懸念については100点分類でいうと何点くらいだと思いますか。なぜそういう自己採点になるのですか?
 
40くらいです。
医療健康面で65に下げたのは、この質問で80とか90ではないなーと思ったからです。多くの日本に住む日本人(特に関東の人とか)がそうだと思いますが、気にしているようであんまり気にしてません。
放射能被爆懸念について40にしたのは、私の実家は関東にあり私もいまそこにいますが、そこから被爆を避けるため、引っ越そうとか逃げようとかしたことがないからです。私の住んでいるエリアは震災の時、ニュースでも地名が危険性が高いという地域のエリアとして表示されたくらい被爆危険性があった場所です(報道が真実か否かは置いておいて事実そうでした)。でも実家はここにあるわけで、両親が働いて買った家なので、そんなホイホイ手放すことはできません。そして一時的に安全な地域に移動しようという話もありはしましたが、実行しませんでした。
もう本当に超ドライな考え方なのですが(誤解を恐れずに言うと)、死ぬ時は死ぬだろみたいな考えが私の中に常にあります。被爆だろなんだろうと、飛行機乗ってて墜落したら死ぬ可能性大ですし、飛行機のってなくても日本に住んでいて今住んでいる所で大地震起きたら死ぬ可能性大です。そのリスクを避けるため、出来る限りのことは常にする意識はありますが、「身の危険」って別に放射能だけじゃないと思います。例えば地震で考えると、東京が危ないと言われて、九州に逃げたら今度は九州で地震があって、四国に逃げたら今度は四国で地震があってってなる可能性だってあると思います。そこで日本はあぶねえ!ってことでオーストラリアに逃げたらその飛行機が墜落する可能性、墜落しないで到着して生活し始めたら皮膚がんになった、とか(笑)オーストラリア言ったことないのですが、すみません、紫外線は強いイメージです(笑)ほな、アメリカや!ってなってアメリカいったらテロにあって・・・とか。乱射事件に巻き込まれて・・・とか。どこいったってそのタイミングでそこに居合わせたら危険なことに変わりはありません。話が設問から大きくそれている気がしますが、要はどこにいったって危険はつきものなので、危険ベースオンリーで自分の行動を決めたくないということです。あえて内戦勃発中の所にいこうとはしませんが。


★以下被曝懸念がある人にお聞きしますが、さらにその中で細かく聞きます。
 これは詳しい人の協力を仰いで作成しようと思ってます。僕もそんな詳しくないので。でも、外部被曝はある程度しょうがないけど、内部被曝は気を使ってますとか、セシウム137の◯ベクレルくらいは許容せざるを得ないがストロンチウムだけはヤバいとか、内部被曝でも海藻やキノコ類は避けるにしても、その避け方の度合い。絶対避けるのか、それとも年に一回の松茸の土瓶蒸しくらいは自分に許すとか、子供のオニギリに海苔で巻くくらいは年に数回の遠足くらいだったらいいじゃないの?とか、そこはかなり細かいレベルがあると思われますので。
 
被爆懸念数値が低いのでスキップします。

被曝懸念がそれほどない方にお聞きしますが、相手が被曝懸念がある人の場合、この程度だったらOKだけど、こういうのはつきあいきれないとかいうラインはどのあたりにありますか?例えば、その人がどう思うかは自由だから全然気にしないけど、こっちにもそれを求めないで欲しい、そのあたりのイーブン感覚が通じるんだったら全然OKですよとか、いやその手の危険厨の人たちはいっちゃってるから出来る限りお近づきなりたくないとか、いやいや自分もなんか騙されてる感があるし、でもほったらかしにしてる面もあるからこの際教えてもらえるだったら教えて欲しいとかとか、そのあたりを。
 
相手が誰かにもよる気がしますが、基本私は目の前の人が被爆懸念がある人でもないでも気にしないです。求められても、受け入れる物は受け入れるし、あ、私は別にいいやってものは受け入れないと思います。これが恋人とかだとそう簡単には行かないんじゃないかと思うんですけどねー。その場合は、相手の被爆懸念度数とか、私が相手とどれほどの関係にあるかによりますが、そんなに気になるなら被爆危険性が低いところに移動するだとうなと思います。こういうと全て相手任せのようですが、出来る限り自分の中でも危険度と移動すべきか否かは煮詰めて考えると思います。
実際危険厨みたいな人たちはこの件に限らず沢山いるので、そういう時も基本は色々な意見を聞いてみて、受け入れるものは受け入れるし、おかしいなと思うものは後で吟味して流しちゃったり、採用したり。採用というと偉そうですが(笑)例えばこの前も超オーガニックな方のところで農業の手伝いしましたが、理解出来るところもありましたが、総合的には正直そんなんじゃなんにもでけへんやん、という感じでした。まずスーパーに売られている物は農薬が使われている可能性があるので食べない。自分が信頼できる人からのみあらゆる口に入れる物は買う。インスタントラーメンなんて論外です(笑)なんならお店のラーメンも化学調味料入ってるので食べないでしょうねー。基本全て自給してました。私としてはこういう人もいるんだなーというので、とても勉強になったのですが。一方で私はここまで出来ないなというのが本音でした。超極端に言えば、私はインスタントラーメン食わずに長生きするくらいなら、インスタントラーメン食ってちょっと寿命短くなってもいい派です。アホです。インスタントラーメンだとちょっとあれですが、酒とかはそうですね。酒飲まずに長寿より、酒飲んで楽しく短く。という人間のようです。とは言っても、はい、酒飲みすぎてあなた明日死亡!とか言われたら超ショッキングなわけですが。人間ってわがままですねー。