現在のジュンタニムラの価値観をご紹介〜自己紹介編〜

__________
 
オーストラリアでワーホリ関係のビジネス(APLAC→ http://aplac.info/)をされている田村さんという私が最も尊敬する方の一人からの質問に私が5、6時間かけて答えので何編かにわけて紹介します。胸に突き刺さるような質問をなげかけてくるので、それに対して一切の嘘なく、誇張なく、等身大の自分で答えてます。まずは自己紹介編。ジュンタニムラとはどんなやつなのか。
 
★あなたはどういう人ですか?一般的な自己紹介ではなく、もっと突っ込んで聞きます。
まず最初に、あなたの社会的なペルソナを描写してください。つまりそれほど親しくない人(あまり親しくない会社の同僚程度)からは「こう思われているんだろうな~」というあなたはどんな人物ですか?

ドライ、冷めている、変態、チャラい、ダルそう、不真面目、可愛くない、理屈っぽい、自由、何考えてるかわからない、謎、親しみやすい、ゴーイングマイウェイ的などなど。

★ペルソナ第二弾、かなり親しい間柄(幼なじみとか)からは、あなたはどう見えていると思いますか?

意外とアツい所があるが基本冷めている、チャラいところもあり真面目なところもある、可愛げがないこともない、自由、変態、ゴーイングマイウェイ的などなど。

★あなたが社会的なペルソナを構築する場合、気をつけている点は?あるいはセコい策略とかカマしてますか?いわば「どういう世間体の取り繕い方をしていますか?」という質問です。

コミュニティにもよりますが(会社、プライベートなど)、基本ストレートに、あるがままに、直球型です。それによって、社会的反発を受けることもありますが、妥協出来る所は妥協し、貫かないかんってところは貫きます。セコい策略は仕事上であればかまします。プライベートであっても、こうした方が円滑に物事が進むのではないかと考えたときは、かまします。悪く思わないでください。

★いわゆる「表裏ある人間」かどうかですが、自分のことをどう思いますか?
 誰でも絶対表裏はあるのですが、そのギャップの激しさが、ジキルとハイド的に超絶的に激しいのか、いや、けっこう見た目のまんまじゃないの?とか。

基本取り繕うのが苦手なので、見た目のまんまだと思います。ただ上記の社会的ペルソナと親しい間柄でのペルソナに違いがあるように、少し時間を一緒に過ごすと、見え方が変わってくると思います。誰でもそうですが。でも上記のようにそこまで激しいギャップではないと思っています。

★自分の長所短所ですけど、まずは短所で、自分のここがイケてない、ここが嫌いって部分があったら書いて下さい。また客観主観にわけて書けるなら書いて下さい。つまり世間からはここが欠点だと言われているんだけど、自分では納得してなくて、世間からは長所だと言われる部分も、自分ではむしろダメ出ししているとか、そういう自他の評価のズレなんかも。
 
一般常識に疎い、たまに天狗、たまに自己嫌悪、他者への想いよりも自分への想いが強い(訓練中)、感情表現が緩めなどなど

★長所ですけど、自画自賛になってしまって書きにくいとは思いますが、この際、謙譲の美徳は一時棚上げにして、自分を褒めてください。クールに考えて「ここは、実は結構自信あります」とか、「自信はないし、上には上がいるのは百も承知だけど、でも人よりは多少はイケてるんじゃない?」って部分を。

実行速め、きっと田村さんほどではないですが物事の本質を考えるのが好き、とってもいい人などなど

★いわゆる世間的なスペック=学歴×職歴×年収×容姿容貌×年齢などの要素について、語って下さい。「そんなもんで判断するのはクソだと心底思う」でもいいし、「いや、キレイゴトでは意味なくて、やっぱそれなりに大事でしょう」とか。
 その場合、「世間はそう見るから」というA視点と、「自分もそう見る」というB視点があるとします。例えば、世間はやっぱ学歴をそれなりに重視するし、就職でも結婚でもある程度モノを言うのは否定しがたいというのはA視点です、でもって「ある程度」ってどの程度なのかも。次にB視点で、「自分も、もし結婚相手とか、人を雇う立場になったら、学歴をかなり重視すると思う」とか。
 
社会は人を判断する一要素としてスペックを用いるのは仕方がないと思いますが、私がプライベートで人を見るときはスペックは一切気にしません。それよりも、いい人か、面白い人か、という点を見ています。ただもし私が自社の面接にこられた人を見ることになった場合は、スペックは判断要素に入れます。仕事上のパフォーマンスを予測する上では、スペックは大事な一要素だと思うからです。ただプライベートで仕事の能力高くてもそんな私には関係ないですからね〜。